不動産投資を成功させるために必要な情報~ザクザク収益UP~

一軒家

空き部屋の有効活用

マンション

空き部屋と貸し出し

自宅のマンションを長期間あける場合や、空き部屋がある場合、そのマンションを貸すことでメリットがある。マンションを貸すメリットとしては、その貸した部屋から賃料を得られるということがある。マンションを所有している場合、通常はローン返済をしながら住んでいる場合が多い。その際、転勤などで長期間マンションを空けてしまうと、別の場所で住む費用がかかる上、マンションは維持費のみがかかってしまう。その際、マンションを貸すことで収入を得ることができ、ローン返済の助けとすることができる。特に築年数が浅く新しい部屋や駅近など条件の良い物件について、高額で貸し出しできる場合も多いため、資産の有効活用として最適になっている。

貸し出し時の注意点

マンションを貸すことは、そこから収入を得られるなどメリットがあるが、一方で注意点もある。まずは、入居者とのトラブルに関するリスクがあるという点がある。マンションを貸す場合には、物件の管理や契約内容の確認など重要な要素がある。部屋を貸し出した場合、管理ができていないと入居者からのクレームに発展するケースがある。また、契約条件が曖昧な場合には、それによりトラブルになる場合もある。そのため、賃貸経営としての知識や管理が必要になる。また、一時的な貸し出しの場合には、期間の取り決めが重要になる。転勤などから戻る場合に、契約期間の途中では入居者に退去してもらうことが難しい。そのため、どの程度の期間貸し出しできるか明確化することが必要である。